「自己決定」ってなぁに?

Home > その他 > 「自己決定」ってなぁに?

「自己決定」ってなぁに?

自分のことを自分で決めること

自分のことを自分で決めることを「自己決定」といい、自己決定するための能力のことを「自己決定能力」と言います。そこにはそれなりの量の知識や、その中から自分にとって都合のいいこと・悪いことを適切に見極める能力や、見極めた内容に従って心を決める覚悟が必要になります。

Link-Rは「自己決定」が大事だと考えています。

「好き勝手に生きる」と「思う通りに生きる」は違う

好き勝手に生きるとは、人に迷惑をかけても省みずに生きることです。

一方で、思うとおりに生きるとは、他人への迷惑や社会への悪影響をきちんと理解して、そうならないように配慮したうえで、つまり他人には迷惑をかけない範囲で、自分がしたいように生きることです。

自己決定は「思う通りに生きる」ために必要になるものです。

自分はどうしたいか?を大事にする

色々な方の相談を聴いていると「自分はどうすればいいのか?」という質問が出てくることが多くあります。「どうすればいいか?」「どうしなきゃいけないか?」よりも、「どうしたいか?」ですよ、と答えています。

どうしたいかを積み上げていくことが、自分らしく生きることであり、どうしたいかを見失ってしまうことは自分らしさを見失うことです。

自分のことを自分で決めて(自己決定して)生きることはそんなに簡単なことではありませんが、人生の満足度に影響する大切なことです。

Scroll Up